ミノタブを服用して発毛があまり無い場合の対処方は?

ミノタブを服用して発毛があまり無い場合の対処方は?

少し文章が長くなりますが、お付き合いください。

ミノキシジルタブレットは飲む育毛剤です。
当然、飲むのだから、体内への吸収率は高くなり、育毛効果があがりますが、その反面で副作用の危険性も高くなってしまいます。

 

それらをバランスをよくするために外用剤の育毛ローションが生まれました。

 

では、効果が高いミノキシジルタブレットは必ず効果が現れるのでしょうか?
もし、効果がない場合に他に打つ手はあるのでしょうか?

 

この記事では、ミノキシジルタブレットを長期間(1年以上)使用しているのに効果が出ない場合の対処方法をご紹介します。

 

ミノキシジルタブレットについて

育毛対策をする人たちに大変人気のあるのが、飲みやすくて比較的に効果がでやすいミノキシジルタブレットです。

 

もともと、高血圧を抑える薬として開発されたミノキシジルですが、服用した多くの患者さんに多毛症がみられたそうです。血圧を下げるために血管を拡張するという発想が思わぬ方向で成果を現したんです。

 

「頭皮の血管を拡張する事で毛が生えるのではないか?」 そんな希望の元に始まった研究の結果、「ロゲイン」などの発毛剤が誕生したわけです。
ただ、外用液として塗りこんでも、頭皮の状態や体質によって、吸収力が違うこと、さらに皮膚が待ち合わせる「外部からの侵入をシャットアウトする」機能がミノキシジルの吸収まで拒んでしまい、なかなか思ったように効果が出せない人もいるみたいです。

 

それなら飲むミノキシジル(ミノキシジルタブレット)が良いのでは?

 

その通りで、直接のんで体内に入れるのだから、吸収力は外用液に比べてはるかに高いと言えます。
しかし、この吸収力が「副作用」の危険や、先にも述べた「多毛症」で生えなくてもいい所を毛深くしてしまったりするんです。

 

特に心臓などに病気を抱えていたり、他の病気を患っていると危険は高まります。また、健康でも低血圧の症状が出てしまったり、動悸、めまい、倦怠感を伴う事もあります。

 

このことから、内服薬のミノキシジルタブレットは日本では育毛薬としての認可が下りないんです。

 

「では、なぜミノキシジルタブレットが海外輸入通販で簡単に手に入るの?」って疑問に感じる方もいるのではないでしょうか?
実は海外の医薬品は、個人の使用目的に限って個人輸入ができるんです。(これは合法で、法律上問題ありません。)

 

認可の降りている「血圧降下」の薬として購入するわけなんです。ですから容量・用法は必ず守るようにしてください。

 

たくさん飲んだからって、毛が余分に生える事はありません。

 

ミノキシジルタブレットの効果がでないのはなぜなのか?

それでは、長期間にわたって、ミノキシジルタブレットなどの内服タイプを使用しているにも関わらず、効果の出ない方はどうしたら効果が得られようになるのでしょう?

 

まず、ミノキシジルタブレットを服用する時点で、副作用や心臓の負担がある可能性があるのを覚悟の上で服用する人が多いと思います。

 

何も知らずに服用する人はちょっと無知すぎると言うか、勉強不足ですよね。(とはいってもミノタブの副作用は起こる確率は高いわけではない。)

 

その覚悟があるにも関わらず、「ミノキシジルタブレットを飲む」と言う事だけに依存する人が多い気がします。
さまざまな育毛に関する記事がありますが、どの記事を読んでも、脱毛の原因、そして髪の毛を育てるには複数の要素が必要になると書かれています。

 

つまり、ミノキシジルタブレットを飲むだけでは薄毛の原因は解消できない場合もある!というのが事実。

 

ミノキシジルタブレットが血管を拡張したとして(もちろん、その効果だけではありません。)、その血管から運ばれる栄養を摂らなければ意味がありません。
栄養が運ばれても、それを分解したり、毛母に働きかける作用がなくてはなりません。

 

また、その効果以上に、健康に悪い事や、髪の毛を阻害するような生活をしていては元も子もありませんよね。

 

正しい食生活、適度な運動、睡眠などの生活習慣、そして頭皮のケアなど、多くの要素がそろって初めて効果が現れるのです。

 

発毛を実感する最短方法

ここまでミノキシジルタブレットの効果の高さを述べてきましたが、更に効率よく育毛効果を得るために、とっておきの方法をお教えしましょう。

 

それは、プロペシアやそのプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアなどとミノキシジルタブレットを併用するんです。
これで中からの吸収力と外からの侵透力が得られ効果がアップするという訳です。(プロペシア系のフィナステリドには、発毛ではなく抜け毛防止効果がある。)

 

しかし、これでは副作用という問題が解決していませんよね。プロペシアかフィンペシア+ミノタブで副作用が出る方は、プロペシアかフィンペシア+ミノキシジル外用薬を試してみてください。

 

更にここで、是非、合わせて摂取してもらいたいのが「リジン」です。

 

リジンにはミノキシジルやフィナステリドと一緒に服用することで、より育毛効果が高まると言われています。フィンペシアのキノリンイエローフリー、ミノタブなどと一緒にリジンを併用してください。
フィンペシアのキノリンイエローフリーは無添加でコーティング剤も含んでいません。さらにリジンも天然成分が主成分のため副作用の心配がないんです。

 

これなら、ミノキシジルを使用して副作用を怯えながら育毛対策するより安心で、効果は抜群。

 

実は、この方法にぴったりの商品があります。それが・・・

 

男性用ポラリスNRシリーズ【NR-10】です!

(ヤマト便)男性用[NR-10]ミノキシジル16%+αクリーム 1本 //フィンペシア30錠(キノリンイエローフリー新タイプ) //ミノキシジルタブレット10mg(100錠) //ニナゾルシャンプー1本 //リジン620mg100錠1本

大変お得な5商品セットで、育毛に期待できる人気商品ばかり。

 

男性用【NR-10】気になるセットの内容はコレ

@ミノキシジル16%+αクリーム(1本)
Aニナゾルシャンプー(1本)
Bフィンペシア30錠(キノリンイエローフリー新タイプ)
Cリジン1200mg300錠(1本)
Dミノキシジルタブレット10mg(100錠)

 

ポイントはミノキシジルが16%であること(リアップの3倍以上!)事と、ミノキシジルのシャンプーであるニナゾルシャンプーが含まれている事です。

 

上記のセットが、現時点で日本で購入できる最高レベルの育毛セットですが、もしミノタブを外したいのであれば、、、、

[NR-09]ミノキシジル15%+αローション 1本 +フィンペシア30錠(キノリンイエローフリー新タイプ) +ニナゾルシャンプー1本

こちらのポラリスNR-09セットでも良いかもしれません。

 

これらのセットはオオサカ堂がメインで売り出しているセット(口コミ評判も非常に良い!)。

 

海外商品を扱っている業者が自信をもってと言う事は、かなり安全だと言えます。なぜなら、曖昧な商品をおすすめした時のトラブルが面倒だからです。(海外輸入業者は簡単に詐欺と言われてしまうため。)

 

ミノキシジルタブレットだけで効果がなかった方や、他の育毛剤でもう一つと言う方は、是非「男性用NR-10」を試してみる事をおすすめします。

 

というわけで、今回は、ミノキシジルタブレットの効果と副作用。
そして、ミノキシジルが効かない方に、効果を上げる方法と、おすすめの商品のご紹介をさせていただきました。

 

諦めることなく、効果のでる方法をさがしてみましょう!