フィナロの購入方法、個人輸入VS個人輸入代行サイト

日本国内で販売されていないフィナロを購入するためには、個人で輸入するか、個人輸入代行サイトを利用する方法があります。

 

医薬品を個人が自分で使用する目的に限り、薬事法に定められた制限内の数量であれば、個人輸入が認められています。

 

薬事法で決められている数量ですが、医師の処方箋が必要な医薬品は1ヶ月分以内、通常の医薬品は2ヶ月分以内、ビタミン剤などは4ヶ月分以内となっています。

 

なお、個人輸入代行サイトを利用する場合、会社名義にすると販売目的と誤解されるおそれがありますから、受け取り先は自宅にしておきましょう。

 

 

個人輸入の場合、外国語を話せないと、購入後の商品間違いや商品が届かないようなトラブルに遭遇したときに、対応できないおそれがあります。

 

また、現地の販売業者が海外の個人との直接取引を行っていない、というケースも多いものです。現在は、複数の個人輸入代行サイトがあり、国内で通販を利用するように手軽にフィナロを購入することができます。

 

商品は「国際通常書留郵便」により海外から届くので、届くまでに時間がかかったり、送料が割高になったりしますが、個人輸入代行サイトをご利用になることをおすすめします。

 

 

日本では医師の処方箋が必要な薬でも、海外では、薬局やドラッグストア、スーパーマーケットなどで販売されているものがあります。日本国内で販売されている医薬品は安全性が確認されていますが、海外の医薬品を使用するにあたっては、すべて自己責任となります。

 

ご利用になる際は、偽薬や副作用などに十分お気をつけください。

 

フィナロの効果は!?「フィナステリド」という成分にあり

『フィナロ』というジェネリック医薬品には、どのような効果が見られるのでしょうか?

 

これは、フィナロに含まれている「フィナステリド」という成分が関係しています。

 

フィナステリドには、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制する働きがあります。AGA(男性型脱毛症)にジヒドロテストステロンが深く関わっているということはご存知かと思います。

 

男性型脱毛症の進行を遅らせるには、このジヒドロテストステロンの分泌を止めなければなりません。

 

フィナステリドという成分は、もともとは前立腺がんや前立腺肥大症などに使われていた薬に含まれていたものですが、男性型脱毛症の人にも効果がみられるということで用いられるようになったみたいです。

 

前に書いたミノキシジルもそうですが、こちらは血圧降下剤として使われていた薬に発毛効果が見られたことから、育毛剤として使われるようになったというものなんですね。

 

どちらも、本来の目的とは違った用途で使われています。たまたま、薄毛の人に効果が出たということのようです。

 

 

フィナロの使用量ですが、1回につき1mgを1日1回服用します。毎日服用することで、3ヵ月ほどで効果があらわれる場合もありますが、一般的には6ヵ月ほどの連続服用が必要です。

 

量を増やしたことによる効果は確認されていないようですし、副作用もあるため用法容量は守った方がよさそうです。

 

半年以上服用しても男性型脱毛症の改善がみられない場合には、服用を中止してください。

関連ページ

フィナロを購入するならアイドラッグストアーorオオサカ堂?
プロペシアのジェネリック医薬品として有名なフィナロ。購入するならアイドラッグストアーとオオサカ堂どちらが良いのか?
フィナロの安全性
プロペシアのジェネリック医薬品として有名なフィナロ。そのフィナロの安全性は?安心して服用することは出来るのか?
フィンカーを最安値でゲットするなら通販ファーマシーでしょうか?
ジェネリック医薬品であるフィナロ。そのフィナロを選ぶメリットと価格は?