人気のフィンペシア!選ぶならエフペシアとどっちがいいの?

輸入代行店を利用して購入できる「フィンペシア」と「エフペシア」。

これらは大人気の育毛剤「プロペシア」のジェネリック品であり、プロペシアの有効成分「フィナステリド」を配合しているのが特徴です。

 

ジェネリック品とは後発医薬品のことであり、先発医薬品をまねて作ったもので、臨床試験などの費用がかからない分、安いコストが魅力です。
そのため、販売価格も先発医薬品よりかなり安くできるため、プロペシアを使いたいけれど、高くて手が出ないという人が使っています。

 

以前は「フィンペシア」が人気でしたが、現在では「エフペシア」のほうが需要が高いようですね。
その理由として、「フィンペシア」には「キノリンイエロー」という着色料が使われているからです。
これは発がん性が疑われていることで日本でもよく知られている成分であり、食品への添加は禁止されているものです。

 

そのためキノリンイエローを含まないジェネリック品として「エフペシア」を使う人が多くなったというわけです。
ただし、国によって見解が異なり、製造元のインドやアメリカでは問題のない成分と認識されているようですね。

 

ですから、個人の考え方によりますが、効果や価格を比べてもほぼ変わらないのなら、危険な成分を含まない「エフペシア」を選んだほうがいいかもしれませんね。(なお、現在ではフィンペシアでもキノリンイエローフリーの新タイプが販売されています。)

 

エフペシアを購入するなら、輸入医薬品を扱うオオサカ堂がおすすめです。

いろいろな輸入代行店はありますが、オオサカ堂は100%正規品であることを保証しており、お店に在庫があればすぐに発送してもらえますよ。

 

 

内服薬だから体全体に浸透!?生え際にも効くフィンペシアとミノタブってなに?

男性型脱毛症の通称AGAは生え際が広がったり、頭頂部が薄くなってしまうなどの症状が現れる男性に多く見受けられる脱毛症。
このAGAを食い止めるにはDHTと呼ばれる男性ホルモンの血液濃度を下げる必要があると言われています。

 

その作用の効果が期待できるのがフィンペシア!
フィンペシアにはDHTの発生を抑える効果があるので、AGAの進行を抑える働きがあります。

 

臨床試験でもフィンペシアには抜け毛を抑える効果が確認されていてその成分の効果は実証済み。このことからもフィンペシアを服用すれば生え際や頭頂部の薄毛対策には効果があると期待できます。

 

実際にフィンペシアを服用して薄毛対策を行っている男性は日本のみならず、世界中に存在しており信頼の高い内服薬として人気十分。

 

フィンペシアで抜け毛の対策を行って、ミノタブで発毛促進を促せば必然的に髪の毛の量は増えていくという結果も期待できるでしょう。

 

フィンペシアは3年間継続すれば抜け毛が減ったという国内臨床試験の結果も出ており、フィンペシアと抜け毛因子の関係はあるといえます。

 

フィンペシアもミノタブも内服薬なので、育毛剤のように部分的に薬が作用するといったことはありません。
育毛剤よりも体全体への浸透度が高く、頭頂部だけ発毛があるなどという心配がないので、頭頂部や生え際など分け隔てなく効果が期待できます。

 

逆に腕毛、胸毛、眉毛なども濃くなったりする可能性があるぐらい強力な薬です。容量、用法をしっかり守って継続的に使っていけば自ずと結果は出るでしょう。

関連ページ

フィナロとフィンペシア
プロペシアのジェネリック医薬品として有名なフィナロとフィンペシア。その2つはAGAの治療薬としてどれぐらい効果があるのか?
フィンペシア(キノリンイエロー)とフィナロ
プロペシアのジェネリック医薬品として有名なフィンペシアとフィナロ。その2つの医薬品育毛剤のうち、どちらに「キノリンイエロー」が配合されているのか?
フィンペシアはアマゾンで購入出来る?それともオオサカ堂やお薬の王国?
医薬品育毛剤として有名なミノキシジルタブレット。そのミノキシジルタブレットの初期脱毛とは?
フィンペシアの偽物
医薬品育毛剤として有名なプロペシア。そのプロペシアのジェネリック医薬品のフィンペシアには偽物が多い?