渋谷にある東京AGAクリニックではどのような薄毛治療をするのですか?

AGA、つまり薄毛や男性型脱毛症と呼ばれるこの症状の原因はいくつか考えられるのですが、医学的には男性ホルモンの影響が一番大きいと考えられています。
(他には遺伝や生活習慣の乱れ、あるいはその複合と考えられています)

 

男性ホルモンであるテストステロンは、5αリダクターゼという酵素と反応すると、DHTという物質に変化します。
このDHTが毛根にとりつくと、毛乳頭細胞や孟母細胞の発達を阻害し、結果的に抜け毛の直接的な原因となります。

 

しかし、この5αリダクターゼの生成を抑える医薬品があります。
それが内服薬としてのフィナステリド、外用薬としてのミノキシジルです。
東京AGAクリニックでは、この二つの医薬品を使って治療するのがメインとなっているようです。

 

フィナステリドはプロペシアという名前で商品化されていますが、これは医師の処方箋が必要となる医療用医薬品に指定されています。
東京AGAクリニックの基本コースは、カウンセリングとこのプロペシアを組み合わせたものです。
応用コースとしては、プロペシアとミノキシジルを組み合わせて使用する、オーダーメイド治療コースもあります。

 

これらは自由診療となっていますので、残念ながら公的医療保険は使えません。
したがってそれなりの医療費がかかることになりますが、効果としてはそれだけの価値があるといわれているようです。

 

もし最初からそこまで費用がかけられない、近くにAGAクリニックがない、などの理由があるのでしたら、こちらの「チャップアップ」という育毛剤+サプリの組み合わせを試すのも悪くないと思います。
この育毛剤の特色は、海藻類のヌメリ成分から抽出したというM-034エキスにあります。
これは低刺激でありながら非常に高い育毛効果を持つとされる物質で、天然由来ですから副作用の心配もなく安心して使えるという特徴を持っています。
サプリには亜鉛やノコギリヤシといった育毛に優れるとされる成分が含まれていますので、あわせて使用すればなかなかの期待ができそうです。

 

チャップアップの公式サイトはこちらです。