生え際にちょこっと植毛するのにどれくらいの金額(費用)が必要?

そのちょこっとというのがどれくらいちょこっとなのかによるのですが、ひとつの目安としては「4000本で100万円前後」というのがあります。
もししたら4000本もいらないという方もいらっしゃるかと思いますが、髪の毛が増えたという実感を得るには、最低でもそれくらいは必要というのが、やはり平均的な目安となっているようです。

 

以上は、日本国内においての相場ですが、当然病院によってかなりの差があります。
また海外でも植毛手術を実施ている病院はたくさんあり、やはり東南アジア系などは日本よりもかなり安い料金で行っているようです。
場合によっては渡航費を掛けてでも安上がりにあることもあるようですが、安全性や信頼性に関してははっきりとしたことは言えません。

 

なんにせよ、植毛は医療行為であるということを、自覚しておいたほうがいいと思います。
これは結果は医師の腕前に左右されるということであり、また医療事故ともけして無縁ではないということです。
したがってちょこっとだからと油断して安さだけに釣られたりせず、しっかりと病院のレベルや安全性を確認して、総合的に選ぶようにしてください。

 

私としては「ちょこっと試す」のであれば、まずは定評のある育毛剤(チャップアップなど)や、AGA治療薬(エフペシアやミノキシジルタブレットなど)をまずは使ってみるのも手だと思います。
それらの育毛剤・医薬品は個人輸入代行業者(オオサカ堂がおすすめ)を通して入手できます。
それから植毛やかつらの使用などを考えても、遅くはないでしょう。

 

10代、20代の生え際回復方法とは?

人間誰しも、特に男性であれば年齢とともに生え際や頭頂部が薄くなってくるものです。
これはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。

 

AGAはある程度の年齢になってから発症することが多いのですが、当然個人差があって、60代でもフサフサの人もいれば、10代20代から薄くなってくる人もいます。

 

原因としては遺伝、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れや強いストレス、あるいは別の病気などが考えられます。
あまりにも若いうちから脱毛症が始まってしまった場合、万が一のためにこの「別の病気」が原因ではないことを、確かめるべきです。

 

ですから、ぜひ勇気を出してAGAクリニックや薄毛を扱っている病院へ行ってほしいと思います。
そこで特に他の原因はなく、あくまでも遺伝やホルモンバランスによるAGAであるという診断がでてから対策を考えましょう。

 

遺伝的にもはやどうしようもない、などという場合を除き、ほとんどの場合がまずAGA治療薬の使用から始まると思います。
世に出ている薬の中でAGA治療薬として認証されている成分は、フィナステリドとミノキシジルだけです。
フィナステリドの場合はプロペシア、フィンペシア、エフペシアなど、ミノキシジルの場合はロゲイン、ツゲイン、ミノキシジルタブレットなどという薬品名で処方されると思われます。

 

基本的には医師の指示にしたがって服用していただきたいのですが、実はこれらの薬は自分でも海外から個人輸入できます。
AGA治療は長期戦となりますので、個人輸入で薬代を抑えつつ治療を継続するというのがひとつのおすすめパターンです。

 

ちなみに私はこちらのオオサカ堂を利用しています。
ここでしたら取り扱い薬品は全てメーカー純正保証付きで、かつ成分検査も実施されたもの。
そして送料無料でセット品で単価を下げることもできるなどと、信頼性および利便性のとても高い個人輸入代行業者ですので、ぜひ一度使ってみてください。