薄い生え際にプロペシアは効果ありますか?

その生え際の後退がAGAによるものであれば、プロペシアの服用がそれを抑える可能性があります。

 

AGAtpはAndrogenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
年齢とともに、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきます。
遺伝や男性ホルモンの影響、あるいは生活習慣の乱れやストレスなどが複合的に関係することなどが原因と考えられています。

 

プロペシアは、このうち男性ホルモンの影響によるAGAに対して治療効果があることがわかっています。
プロペシアの主成分はフィナステリドです。
フィナステリドは、「男性ホルモンテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する酵素である2型5-α還元酵素を阻害する」という効果を持ちます。
これは簡単にいえば、頭皮や毛根に悪影響をおよぼす物質の生成を邪魔することで、脱毛症の症状を抑える、ということです。

 

理論的には脱毛を抑えるだけの薬なのですが、実は多くの試験により、発毛効果があることもわかっています。
このことから、フィナステリドは正式に世界各国の公的医療機関において、AGA治療薬として承認されています。

 

さてこのプロペシアの入手方法ですが、日本においては薬局で買うことができません。
AGAクリニックなどから処方してもらうか、海外から個人輸入することになります。
海外から個人輸入する場合には、通販と違ってあくまでも自己責任による行為となりますので、業者選びの段階から慎重に行ってください。

 

私のおすすめは、全品メーカー純正保証付きで成分検査も実施しているオオサカ堂です。

 

 

女性向けの生え際回復方法を教えて下さい

男女ともに生え際後退などの薄毛の症状は悩みの種ですが、薄毛になる確率は男性の方が高くなっています。
しかし薄毛になる原因は女性のほうが多いと言われており、それは以下のようになっています。
・ホルモンバランスの乱れ
・遺伝
・更年期
・出産
・生活習慣の乱れ
・ストレス
などなどです。

 

その対策として一番即効性が有り確実性が高いのは、ウィッグやつけ毛の使用です。
女性の場合ファッションアイテムとしての使い道もいろいろあるので、男性がカツラを作るよりは抵抗が少ないかもしれません。

 

ただしあくまでも自分の髪の毛にこだわるのであれば、育毛剤か薄毛治療薬の使用ということになります。
この両者の違いは「医薬品」に分類されているかどうか、です。

 

とうぜん医薬品のほうが効果が強く、発毛する確率も上がりますが、副作用の可能性もありますし、また入手方法も育毛剤よりは難しくなります。
育毛剤は簡単に入手でき、また通常は副作用はないので(ただしアレルギーなどには注意)、気軽さにおいて試しやすいと言えます。
ただし効果はやはり薬には勝てません。

 

そしてどちらを使うにしても、長期戦を覚悟する必要があります。
医薬品を使ったとしても、飲めばすぐに毛がフサフサというようなことは、普通はありません。
したがって焦らずじっくり、それに生活習慣の改善も絡めつつ、薄毛治療は行うべきだと思います。

 

なお医薬品は、一部を除いて薬局では売ってないのですが、その場合は病院で処方してもらうか個人輸入するかの2択となります。

 

おすすめは最初は病院で処方、のちに個人輸入です。
病院で自分の症状と合う薬を確認したあとは、個人輸入で安く薬を手に入れる、ということですね。

 

こちらのオオサカ堂であれば、安全確実に海外の医薬品が個人輸入で好きますので、一度利用してみてください。
ただし薬の使用そのものはあくまでも「自己責任」ですので、くれぐれもご注意ください。