生え際が後退してきたのですが、亜鉛を飲めばOK?

亜鉛は私達の体の細胞全体に存在する、健康に無くてはならない必須ミネラルです。
細胞内においてはDNAやタンパク質の合成という重要な役割に関与し、血液中においては免疫機能と関わりを持っています。

 

そして年齢とともに、あるいは過度なダイエットやストレスなどの影響で、不足しがちになっていくといいます。
したがってある程度の年齢にきたら、生え際の後退がどうのこうのというよりも全身の健康のために、不足分を亜鉛が多く含まれる食品(アーモンドなどのナッツ類、レバー、牡蠣、うなぎなど)を食べるか、あるいはそれでも足りない分をサプリメントで補うことが必要となります。

 

そして生え際の後退ですが、実際には亜鉛を補給するだけで改善するものでは、通常ないと思います。
主に男性において頭頂部が薄くなったり生え際がM字型に後退してくる症状を、AGAといいます。
これの主要因は、亜鉛不足というよりも、体内の段背ホルモンのバランスが崩れたことが大きく関係していると言われています。
化学的に言えば、男性ホルモンテストステロンが、脱毛症の原因となるDHTという物質に変換されることで、脱毛症が引き起こされるのです。

 

亜鉛には直接それを防ぐ力はありません。
この力を持つのが、フィナステリドという医薬品です。
またミノキシジルという医薬品が、AGAに対して治療効果を持つと確認されています。

 

したがって生え際の後退をぜひとも食い止めつつ、髪の毛を取り戻したいのであれば、これらの医薬品の使用を検討したほうがいいでしょう。

 

まずは一度だけでも薄毛専門の医師に相談してみてください。
そこで薬の使用がOKとなったら、あとは薬そのものは個人輸入で海外から入手することでコストを抑えるということができます。

 

こちらの個人輸入代行大手のオオサカ堂のAGA治療薬コーナーには、実際にそうしているユーザーのリアルな口コミ情報が多数アップされていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

生え際が交代する原因は女性の場合はなんでしょうか?

特定の病気や皮膚のトラブルなどを除けば、一番多いのが加齢やストレス過多などによるホルモンバランスの乱れだと言われています。
男性ホルモンが増えると、特殊な酵素と結びついて頭皮の健康を害し、脱毛を加速させるといいます。
いわゆるAGA(男性型脱毛症)です。

 

そして女性ホルモンが減ると、毛根そのものに発毛させる力が弱まり、髪の毛がなかなか太くなるまで成長できないという現象が起きます。
これらの要因で、女性が薄毛になると言われています。

 

現代社会に生きる女性はとにかくストレスに晒されています。
また過度なダイエットや、ヘアスタイリングのやり過ぎという要因も考えられます。
いまどきの女性の髪の毛は、昔と比べてずいぶんと厳しい環境にいるといっても良さそうですね。

 

対策としてはそのようなストレスの強い生活を改めることが一番です。
しかし、実際にはもっとも難しい方法だというのは言うまでもないでしょう。
私としては、それらの生活環境改善策も少しでもいいから実施しつつ、ホルモンのバランスを取り戻すためのサプリや薬を使用するのがいいのではないかと思います。

 

AGA薬はほとんどが男性用で女性の使用が禁止されているものも多いのですが、女性用のものもちゃんとあります。
そのあたりの情報はこちらの「医薬品の個人輸入代行オオサカ堂」のそれぞれのページに詳しいので、ぜひ一度ご覧になってみてください。
こちらでしたら全品メーカー純正保証付きでかつ成分検査も実施されているものを取り扱っていますので、安心して取引できると思います。

 

 

生え際植毛の値段は?それと失敗することもあるのでしょうか?

植毛の価格は、実際に植え付ける毛の量で変わるのですが、一般的に4〜5,000本で100万円前後というのがおおよその相場のようです。
実際にそれくらいの量を植毛すると、髪の毛が増えたという実感を伴った見た目が得られる、ということでもあるらしいです。

 

そして意外と見通されがちなことですが、植毛は実は立派な医療行為(外科手術)です。
残念ながら健康保険適用外(自由診療)ですが。
ですので、実は失敗するということもありえます。
ネット上で検索すると、植毛に失敗したと思われるけっこう悲惨な口コミや写真が簡単に見つかります。

 

それを避けるためには、実際に利用したことのある人の口コミ情報を探すなどする必要があるでしょう。
そして言えるのが、あまりにも安い病院は避けたほうがいいということです。
毛を増やすために植毛したのにそれが失敗したのでは、かえってストレスになって薄毛が進んでしまいます。

 

薄毛に悩む人にとって、植毛やカツラは最終兵器とも言える手段です。
ですからもしもまだ精神的に余裕が有るのであれば、生活習慣改善+育毛剤使用の安全な方法を試してみたり、あるいは薄毛治療用の医薬品を試すなどしてもいいのではないでしょうか。

 

特に医薬品は、国内で正式に薬局で買えるのはリアップだけですが、海外ではいろいろな種類の、そしてリアップよりも発毛に定評のある医薬品が多数出回っています。
それらは個人輸入という手段で、合法的に入手できます。

 

ただしすべて自己責任で行うことになります。
ですから健康面を考えれば、ぜひ一度はAGAクリニックに行ってみてほしいと思います。
また個人輸入する際にも、信頼性の高い業者を使って、輸入トラブルなどに合わないようにくれぐれも注意して行うようにしてください。

 

私が使っているオオサカ堂であれば、そういった輸入トラブルの心配などはまずないと思いますので、ぜひ一度公式サイトをご覧になってみてください。