女性の生え際薄毛対策におすすめの方法は?

根本的に対策するのならば生活習慣の改善、スピードと実用性を重視するならば植毛かウィッグ、あくまでも自分の髪にこだわりつつある程度即効性を求めるならば育毛剤か医薬品の使用、といったところでしょうか。

 

女性が薄毛になる理由としては遺伝的なもの、加齢によるもの、そして生活習慣の乱れによるものが代表的なところですが、この中でも生活習慣の乱れがそのままヘアサイクル(発毛と抜け毛の循環)の不健康な乱れにつながるケースが多いと言われています。
ストレスや不健康な生活により、毛髪が十分成長する前に抜けてしまうということですね。
それによってホルモンのバランスが乱れると、なおさら薄毛が進行していきやすくなってしまいます。

 

とはいうものの、生活習慣の改善はすぐできるものではありませんし、実行できたとしても効果が出るまでには時間がかなりかかります。
髪は女性の命ですから、生活習慣改善にもすぐに取り掛かりつつ、今現実におきている薄毛にも対処しなくてはなりません。

 

そこでやはり一番簡単なのが植毛やウィッグです。
植毛はともかく、簡単なつけ毛程度であればおしゃれにも応用が聞くので、それほど抵抗はないのではないでしょうか。

 

そして育毛剤や養毛剤、あるいは薄毛治療薬などを同時に使うことをおすすめします。
医薬品ではない育毛剤や養毛剤、あるいはシャンプーやサプリメント等であれば、あまり難しいことを考えずに使用しても多分大丈夫です。
(ちゃんとしたメーカーのものに限りますが)

 

しかし医薬品でない育毛剤では、効果もそれなりです。
ちゃんとしたクスリには叶いません。
例えば女性用ロゲインが使えるのであれば、やはり発毛効果は普通の育毛剤よりはより早く実感できる可能性が高いと思います。

 

ということで、おすすめの対策は「生活習慣の改善+医薬品」です。
その医薬品の入手や実際の効果の情報などは、こちらのオオサカ堂のページに詳しいですので、ぜひ一度ご覧になってください。

 

10代、20代と生え際が後退してきたのですがどうしたらいいですか?

人間誰しも、特に男性であれば年齢とともに生え際の後退や頭頂部が薄くなるなど、いわゆる薄毛の症状に悩まされるものです。
もちろん中にはそうじゃない人もいますが、逆に若いうちからどんどん薄くなってしまう人もいます。

 

これはもう遺伝や体質のせいということで、けして本人のせいではないのですが、だからといってなんの慰めにもならないのが辛いところ。

 

対処法としては思い切って全部剃る(最近では十分おしゃれな髪型として認識されつつありますね)、あるいは植毛したりかつらを被ったりと、物理的な方法が手っ取り早いと言えます。
しかしそれぞれ、けっこうなお金がかかります。
(剃るのもマメにしないとすぐにみっともなくなるので、手間という意味ではコストがかかります)

 

しかしその対策はいつでもできます。
若いうちだからこそトライしていただきたいのが、医学的な解決方法です。

 

まずは勇気を出して、専門の病院(AGAクリニックや、薄毛を扱っている皮膚科・内科など)に相談してください。
そこでおそらくは、生活一版に関するアドバイスや、育毛にいい食品などの有益な情報がもらえるでしょう。
(そういったアドバイスなしにいきなり薬だけだすような病院はちょっと・・・)
その上で、一番可能性があるのが、薄毛治療用の医薬品を処方してもらうことです。

 

その医薬品は、ミノキシジルもしくはフィナステリドを含有したもの、あるいはその両方です。
どちらもAGAに対して発毛効果及び脱毛予防効果が認められた医薬品ですが、同時使用で更に効果が上がるという研究もあるからです。

 

ただし副作用があるかないか様子を見るため、最初はどちらかの、低容量のものが処方されると思います。
その後は根気の勝負です。
いくら医薬品でも、普通は発毛実感まで3ヶ月から半年かかると言われています。
ここで途中で諦めると、また脱毛が進行してしまいます。

 

しかし半年以上定期的に病院通いをすると、やはりコストが掛かります。
その場合には薬だけ、海外から個人輸入することで、できるだけ費用を抑えつつ薄毛治療が継続できます。

 

ただしその場合には、私が利用しているオオサカ堂のような信頼性の高い個人輸入代行業者を利用するようにしてください。
個人輸入は自己責任の世界ですので、安いだけの変な業者を使ってトラブルになど会えば、薄毛治療効果を打ち消してしまいかねないほどのストレスを受けてしまうからです。

 

オオサカ堂の公式サイトはこちらです。