2ch(2ちゃんねる)で評判!ミノキシジルタブレットとは?

抜け毛に悩んでいる方が情報収集する中でミノキシジルタブレットというものが気になった方が多いのではないでしょうか。

 

2ちゃんねるでもミノキシジルタブレットについて調べてみるととても多くの意見が寄せられています。

 

具体的に2ちゃんねるでどのような意見があるのかというと「半年ほど服用して髪がびっしり生えてきた」、「髪の毛が結構復活してきた」と言う意見がある一方で、「初期脱毛が増えた」、「軽い動悸が増えて、頬に違和感を感じるようになった」などのデメリットと言える意見もありました。

 

では実際のところ効果としてはどうなの?とお思いでしょう。
実際のミノキシジルタブレットの作用について詳しく、そして分かりやすく説明しますね。

 

ミノキシジルタブレットを服用しただけではDHT対策ができません。
DHTとは皮脂腺と毛乳腺の関係を指しています。

 

年をとってくると頭皮に過剰な皮脂が分泌されてしまうのでそれにより、毛穴に皮脂が入ってしまいます。

 

そうなると、毛髪の成長を妨げることになって抜け毛が増えてしまう原因になってしまいます。

 

要は髪の成長を抑えてしまって抜け毛を防ぐ効果がほとんどないということです。
つまりミノキシジルタブレットだけでは、発毛の効果は期待できるけど抜ける量は変わりませんよということになります!

 

「じゃあ飲んでも意味がないじゃないか」と思いのあなた!
そんなことはありませんよ。

 

フィナステリドと併用すればお互いの持っている良いところ引き出してくれます。
フィナステリドは逆にミノキシジルにあるような発毛効果はありませんが、抜け毛を防ぐ効果があると言われています。

 

そのお互いの弱点を補うような存在の2つの薬を服用すれば強力な効果が期待できます。
これらは個人代行業者で販売されているのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

まずはミノキシジルタブレット5mgから!副作用と効果を考えると5mgが最適か?

男性の脱毛対策として効果が期待できるものとしてミノキシジルタブレットがあります。
ミノキシジルタブレットは発毛効果が期待されていて、半年経ったくらいからだんだんと効果を実感することができます。

 

そんなに効果があるならどんどん服用してしまおうと考えている方もいるかもしれませんが、それはちょっと待ってください!

 

確かに効果が期待できるものですが副作用の報告をされているので慎重に使いましょう。
ミノキシジルはもともと血圧を下げる為に作られた薬だったのです!

 

育毛のために開発されたものではないのです。
血圧を下げる効果があるので心臓にも少し負担をかけることになります。

 

決して体に悪い薬ではないのですが、必ず用量を守って慎重に服用すべきものです。
ミノキシジルには2.5mgと5mgと10mgのものが発売されています。

 

すでに2.5mgと5mgで服用して副作用などの症状が出ていない人は10mgに変えても良いと思いますが、初めてミノキシジルを服用するのであれば最初はとりあえず5mgあたりから始めてみましょう。

 

10mgももちろん安全なので販売されているのですが、体の負担がどのように現れるかは個人差があるのも確かです。

 

まずは5mgから服用していくようにしましょう。5mgでも十分効果を感じられる人もいます。
無理に多くの容量使わなくても大丈夫ですよ。

 

だいたい半年から1年ぐらいはまず5mgで様子を見ましょう。
それであまり効果を感じられなかったり、副作用の症状も出ないのであれば10mgに変えても良いと思います。

 

ミノキシジルタブレットは個人輸入代行サイトなら5mgのものも販売されているのでぜひチェックしてみましょう。

関連ページ

ミノキシジルタブレット5mgの効果と副作用
効果の高い育毛成分として有名なミノキシジル。そのミノキシジルが配合されたミノキシジルタブレット5mgの効果と副作用についてまとめました。
ミノキシジルタブレット5mg,10mg
発毛・育毛効果の高いミノキシジル。そのミノキシジルが配合されたミノキシジルタブレット5mg、10mgはどちらがおすすめなのか?
ミノキシジルタブレット2.5mgの育毛作用
医薬品育毛剤として有名なミノキシジルタブレット。そのミノキシジルタブレット2.5mgの効果とは?男性型脱毛症の治療に効くのか?
ミノタブ2.5mgの服用方法
医薬品育毛剤として、効果が高く、副作用の心配もあるミノキシジル。そのミノキシジルが配合されたミノタブ2.5mgの理想的な副作用方法とは?
ミノキシジルタブレット2.5mgの副作用
育毛剤として有名なミノキシジル。そのミノキシジルが配合されたミノキシジルタブレット2.5mgの副作用とは?