プロペシアやミノキシジルの副作用について教えてください

AGAこと男性型脱毛症。

今これに悩む男性が非常に増えてきていますよね。
しかしそれと共に医療も発展し、今では一般的にフィナステリドとミノキシジルのこの2つの成分の併用が主流となり大きな成果を見せているようです。

 

ですがこれら2つはいずれも医師の処方箋が必要な医薬品。それだけ取り扱いにも慎重になるべきものであり、副作用のことが心配になるのではないでしょうか。

 

効果に関しては世界中で認められているフィナステリドとミノキシジルだからこそ、副作用などに関するしっかりした知識を持って利用していきたいものですよね。

 

さてまずフィナステリドですが、これを主成分とする育毛医薬品プロペシアはかなり有名な存在でしょう。

プロペシアにはよく知られているように、性欲減退、勃起機能の低下、精液の減少など主に男性機能に関する副作用が報告されています。

 

しかしこのプロペシアよりも注意して服用したいのはミノキシジルタブレットのほうです。

 

ミノキシジルは本来血圧を下げる薬として開発されています。そのため普段から主に血圧や心臓などに異常がある方が服用されると最悪の場合死に至るなど非常に危険な状態になりかねません。

 

確かに経口薬となれば体内への吸収率も高くなりますが、上記のような理由によりミノキシジルタブレットは日本では認可されていません。
ただしどうしてもミノキシジルタブレットを使ってみたいという方は、オオサカ堂をとおして個人輸入するのもありでしょう。

 

個人輸入を代行してくれる業者にはもちろんオオサカ堂以外にもたくさんありますが、やはり作用が強いお薬であればあるほど、オオサカ堂のような知名度、そして信頼度共に高く評価されている業者を選びたいものですよね。

 

動悸が起こるってホント!?ミノタブ服用による副作用とは?

ミノタブを服用することによる副作用は数多く報告されています。
またブログやSNSなどでも実際にミノタブを服用した人の意見として「腕の毛が太くなった」、「手の甲に毛が生えるようになった」、「眉毛が太くなってつながりそう」など頭髪以外の部分で発毛を実感しているコメントが多数!

 

こういった体の不調でなければよいのですが、もっと心配な副作用は手足のしびれや顔のむくみ、胸の動悸などです。

 

こういった方は発毛以前に自分の体調がどうなってしまうのかと心配になり服用をやめるケースが多く見受けられます。

 

実際にこのような症状になった場合は服用をやめるのが正解!
発毛前に体を壊してしまっては元もこもありません。

 

ただ、こういった副作用が起こる方の多くが処方に問題があったり、適量のミノタブを服用していないことが多いのも事実。

 

例えば1日の摂取量を守らなかったり、正しい時間の間隔を空けずに服用したりなど副作用を招く恐れがある行為が目立つのも現実としてあります。

 

このような副作用が起こらないためにはまずはミノキシジルの含有量が少ないミノタブを使用すること!
本当は毎日服用しないと効果は期待できないのですが、最初のうちは体を慣らす意味で2日に1回程度でも問題ありません。

 

発毛の期待をする前にミノタブが自分の体に合うかどうかというチェックをしてから本格的に薄毛対策を行えばよいでしょう。

関連ページ

ミノキシジルタブレットの副作用
育毛成分として評価の高いミノキシジル。そのミノキシジルが配合された内服薬ミノキシジルタブレットの副作用とは?
フィンペシアとミノキシジルタブレットの副作用
医薬品育毛剤として有名なフィンペシアとミノキシジルタブレット。その2つの副作用とは?服用しても安全なのか?
ミノキシジルタブレットの副作用(心臓疾患)
発毛・育毛効果の高いミノキシジル。そのミノキシジルを配合したミノキシジルタブレットの副作用とは?心臓疾患の人の注意点とは?
ミノキシジルタブレットの副作用(体毛)
医薬品育毛剤として有名なミノキシジルタブレット。そのミノキシジルタブレットを服用すると髪の毛以外の体毛も濃くなるのか?