??【育毛ラボ】ミノキシジルの作用と副作用はどんなもの?危険成分は含まれているのか?

ミノキシジルに潜む副作用の危険性分に関する育毛ラボです。
巷で噂される育毛対策の危険。それはどんな危険なのか?どの成分によるものなのか?

 

ミノキシジルの効果と副作用、危険成分といわれるのはなぜなのかについて解説します。

 

●ミノキシジルの作用と副作用についての育毛ラボ!

 

ミノキシジル配合の育毛剤「リアップX5」を例にとってみると6カ月利用し方のおよそ7割に軽度以上の改善が見られたとメーカー発表されています。

 

これはミノキシジルの血管拡張作用によるものです。

 

ミノキシジルは、特に壮年制脱毛症に高い効果があります。

 

壮年制脱毛症の症状で多いのが頭頂部の薄毛・脱毛ですが、毛細血管が多い頭頂部は心臓から遠く十分に血液が循環していないんです。
それを改善するのがミノキシジルの役目です。

 

ただ、頭頂部には高い効果があるのに比べ、生え際に効果が少ないことも指摘されています。これは生え際には、毛細血管が少ないことが原因です。

 

次に副作用についてです。

 

前述のとおり血管を拡張することから次のような副作用が報告されています。

 

・皮膚
頭皮の発疹、かゆみ、かぶれや塗布部の熱感。

 

・精神神経系
頭痛、めまい。

 

・循環器
胸の痛み、心拍数が速くなる。

 

・代謝
急激な体重増加、手足のむくみ。

 

中でも一番多いのが頭皮のかゆみです。
一番多いと言われるこの症状でも使用者の10%にも達していないということです。

 

これらの副作用以外に重度なものは報告されていないので、容量、用途をしっかり守って使用すれば安全に利用できます。
タイトルに書いたような危険成分が含まれていることはありません。

 

ミノキシジルの濃度は日本で認可されているのは5%未満なので覚えておきましょう。
海外では16%のものまであるので、購入の際には成分の配合を確認するようにしましょう。

関連ページ

ミノタブの価格
ミノキシジルが配合された内服薬であるミノタブ。そのミノタブは配合量によってどれぐらい価格が変わるのか?
ミノタブとフィナのブログ
より効果の高い育毛剤の組み合わせとしてミノタブとフィナ。その2つの併用による効果はどのぐらいなのか?ブログから分かる本当の効果とは?