ミノタブとフィナは併用が一般的!?薄毛に悩む人のブログを徹底検証!

発毛に効果があるとされるミノキシジル。

それを体内から摂取することで育毛剤以上の効果が期待されていて、薄毛に悩む30代40代の救世主的な存在になっているのがミノタブ!

ミノタブ,フィナ,ブログ

薄毛対策に毎日コツコツとミノタブを服用している人がブログでも多く見受けられますが、そのほとんどがフィナとの併用をしているということ。

 

むしろミノタブ単体で使っている人の方が圧倒的に少ない!
併用している人はやはりミノタブとフィナのそれぞれの良さを知っていて両方使わないと意味がないと思っている薄毛の方が多いということでしょう。

 

実際この2つというのは併用が可能です。フィナステリドの中で一番おすすめなのは、エフペシア。フィンペシアは以前有名なAGA治療薬でしたが、これには発がん性物質(の可能性がある)キノリンイエローが含まれているということで現在は避けられています。

 

ミノキシジルタブレットとエフペシアの2つ同時に摂取したことによる、副作用というものは今のところないと言われています。

 

そのため薄毛対策の間では不動のツートップとして、人気を博しているわけです。

 

まずはフィナステリド

薄毛対策の第一歩として多いのが、まずはフィナから始める人が多いということ。

 

フィナは比較的副作用が少なく始めやすい医薬品として有名。
体の変なところから毛が生えてきたり、体毛が濃くなったりという心配も少ないので、安心して服用できるのが人気の理由です。

 

一方、ミノタブは一長一短あるがとても強力な薬品。
フィナで思うような頭髪の効果が得られない場合に、ミノタブを更に追加して服用するという方がブログでも多く見受けられます。

 

まずはフィナで3ヶ月、どうしても効果がなければ半年後からフィナとミノタブの併用で発毛の効果をさらに活性化させましょう。

 

ミノタブとフィナはオオサカ堂で豊富に取りそろえられているので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。(価格が安い事に加えて、正規品100%保証、しかも対応が激はや!です。)

 

なお、外用薬のツゲイン(日本で発売されているものであればリアップ)を使うことも効果的です。その際はリアップより強力なツゲイン10%にすることも検討してみましょう。

 

最強の組み合わせ!?ミノタブとフィナはそれぞれどんな効果があるの?

ミノタブを単体で服用すると発毛の効果は期待できますが、抜け毛を防ぐ作用はありません。
そのため発毛が増えても相変わらず抜け毛が多い人にとっては結果的に頭髪が増えるという結果にはならないでしょう。

 

その時に効果が期待できるのがフィナステリド!
フィナステリド、通称フィナはDHT対策ができるので毛包の縮小を抑えられる作用があります。

 

ただフィナには発毛を促す効果はないのでこちらを単体で服用していた場合は「抜け毛の防止になる程度」ということで髪の量としては良くて現状維持といった程度でしょう。

 

しかしこのミノタブとフィナの両方を併用した場合はどうなるかというと双方のメリットが生かされて髪の量が増えるということに!

 

ただしどちらも頭髪の効果が期待できるものではあるのですが、ミノタブの方が作用が強く、場合によっては副作用の表れるケースもあるので始めるのであればフィナから始めてみましょう。

 

フィナのみで頭髪の変化があるのであればミノタブは使用しなくても良いかもしれません。
しかし効果が弱いと感じるのであれば半年後ぐらいを目処にミノタブも使用して更なる薄毛改善へ手を加えてみましょう。

 

ミノタブは成長因子により、毛包を成長させる効果が高いので発毛を促すのであればこれ以上の医薬品はありません!
ミノタブに入っているミノキシジルはリアップなどの外部医薬品にも使用されていますが内服するタイプのミノタブの方が効果が高い反面、副作用の可能性も高くなります。

 

副作用の可能性もなくはないので十分に自己管理をして体調気にしながら服用をするようにしましょう。

関連ページ

ミノタブの価格
ミノキシジルが配合された内服薬であるミノタブ。そのミノタブは配合量によってどれぐらい価格が変わるのか?
??【育毛ラボ】ミノキシジルの作用と副作用はどんなもの?危険成分は含まれているのか?
医薬品育毛剤として評判のミノキシジルタブレット。そのミノタブの価格とは?格安で購入する方法とは?