プロペシアの効果はいつ現れる?出ないこともある?

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として効果が高いと言われているプロペシア。
効果はいつ出るのか?ということは気になりますよね。

 

もちろん個人差はありますが、プロペシアを服用し始めて3ヵ月くらい経つと何等かの変化が現れるようです。
例えば産毛が濃くなる、抜け毛の量が減ってくる、という変化です。
さらに6ヵ月程度経つと、周囲の人もその変化に気づくことも。
さらに1年経つと、抜け毛は減り、髪の毛のボリュームがアップしてくる、という人が多いようです。
ただ、効果については個人差が大きいので、原因によっては効果が出ない人や出にくい人もいるので、皮膚科などに行って薄毛や脱毛の原因を知ることも必要です。

 

プロペシアの効果はいつまで続く?いつまで服用すればいいの?

 

プロペシアは服用していることで効果が出ているものです。
服用をやめてしまうと、また薄毛や脱毛が始まってしまいます。

 

また、長期に使い続けていると永久に毛髪が増えていくわけではありません。1年目くらいが増毛のピークとされ、その後徐々に増毛の効果は減っていきます。

 

そうはいっても1年立ったから毛髪が減るということはなく、5年経っても髪の毛が増えている、と感じている人もいるようです。
毛髪の増える本数が減っても、1本の髪の毛の太さが変わってくるのでボリューム感が増してきます。
必要なのはプロペシアを服用し続けるということですね。

 

 

副作用についてのプロペシア2chまとめの内容は?

プロペシア2chではプロペシアなど薄毛治療薬についてさまざまなことが書いてありますが、副作用についての話題も多いようです。
その一つがフィナステリドについての問題です。

 

フィイナステリドとはプロペシアの有効成分で、AGA(男性型脱毛症)の原因となる成分を抑える働きがあるものです。
フィナステリドはもともと前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として使われてきた医薬品ですが、毛が異常に発生するという副作用が出たことからプロペシアが生まれたとされています。

 

フェイナステリドには性欲減退や勃起障害という副作用があると言われています。
しかし、プロペシアにはそれほど高い濃度では配合されていないようなので、副作用の心配はそれほどする必要はないとされています。
そうはいっても、絶対安全ということではないので、医師の指示のもと正しい服用をすることが大事です。

 

プロペシア2chから分かるプロペシアの効果がない理由

 

プロペシアなど育毛剤の効果についてはとも気になるものです。
プロペシアは効果の高いAGA治療薬と言われているものですが、プロペシア2chなどではその効果についていろいろなことが言われています。

 

プロペシアの効果がないと言っている人は、服用して効果がないからと言ってすぐにやめてしまう人やストレスが原因で薄毛や脱毛になっている人、また、薄毛の状態がひどい人、などが挙げられるようです。

 

プロペシアはAGAの治療薬なので、それ以外に原因がある場合は効果がないことも。自分の薄毛の原因を見つけることが大事ですね。

関連ページ

プロペシアのジェネリック
日本皮膚学会でも認められているプロペシア。そのプロペシアのジェネリック医薬品は病院で購入できるのか?
プロペシヤ通販 お薬の王国とオオサカ堂を比較!
医薬品育毛剤として有名なプロペシア。そのプロペシアとミノキシジルタブレットとの相性は?
プロペシアのジェネリック商品にはキノリンイエローは入っている?
プロペシアのジェネリック商品といえばどのようなものがあるのでしょうか、 プロペシアのジェネリックで気になったのは、微量ではあるがキノリンイエローが入っていること。